街の真ん中の大きなお城。その大阪城で頑張る猫さんたちと、それを暖かく見守る公園猫適正管理推進サポーターの日々徒然ブログです。(大阪城公園猫サポーターの公認ブログ)
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
災害時の動物救護、富田林市と獣医師会が協定
2014-05-13 (火) | 編集 |
メンバーYです。
11日の朝刊に載っていた記事です。
  P5120361.jpg

********************************************
 富田林市は、大規模災害時にペットの保護や治療をスムーズにするため、府獣医師会と協定を結んだ。府内の市町村では初という。
 東日本大震災では、被災者が避難所にペットを持ち込めずに離ればなれになったほか、逃げた飼い犬が野犬化し、狂犬病に感染する危険性が高まった。
 協定では、避難所に入れないペットを獣医師会の会員が保護して必要な治療をする。同市は小学校や公民館など39カ所を災害時の避難所に指定しているが、うち4~5カ所に一時的にペットを預かる「シェルター」を設けるという。
 4月28日に市役所であった締結式で、多田利喜市長は「ペットは飼う人にとっては家族同然。存在を忘れずに対応したい」。府獣医師会の松林驍之介(きょうのすけ)会長は「協定があると活動しやすい。他の市町村とも協定を結びたい」と話した。
********************************************

東日本大震災で被災した動物達は3年経った今もたくさん取り残されています。
保護された犬や猫達も飼い主さんの元には帰れていません。

大阪市はどうかなと「大阪市」とか「災害」とか「ペット」とかで検索してみると、旭区の取り組みがヒットしました。

 大阪市旭区「ペットのための災害時の備えをしていますか」

大阪市は区で取り組みが違うでしょうから住まいのある区役所に聞いてみるのもいいですね。
問い合わせが多いと取り組みをしていない区でも考えてくれるかもしれません。

他には災害時に自宅に残されたペットの救助を依頼するためのステッカーが発売された記事もありました。
 RES レスCUE キューペットステッカー

緊急避難の場合、連れて避難は難しいのかもしれませんが、でも、やはり同伴避難が望ましいですね。

 災害時におけるペットの救護対策ガイドライン(環境省)

 大阪府獣医師会『災害時等における動物救護対策』


公園猫サポーター制度を多くの方に知って頂く為、動物福祉の向上の為のご協力のポチをよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ
(↑↑↑をクリックして頂くとランキング集計サイトが表示され、この大阪城公園ねこの会ブログのランキングが+1されます)

   大阪市殺処分数 平成24年度(環境省より)
     猫 2,984匹(内幼齢個体 2,727匹) 
     犬  188匹(内幼齢個体   4匹)
   ※殺処分には税金が使われています。




◆物資支援のご協力をお願いします。
大阪城公園では現在、200匹ぐらいの猫さんたちをサポーターがお世話をしています。
カリカリ、缶詰(缶切り不要のプルタブがありがたいです)、パウチなんでも結構です。公園猫のために物資支援をしていただけたら助かります。
よろしくお願いいたします。m(__)m

お問い合わせ先: osaka_shironeko56@yahoo.co.jp
(下にある郵便ポストのアイコンをクリックするとメール送信できます)
送付先等、ご連絡させて戴きます。



◆活動にご理解・ご協力いただき、本当にありがとうございました。
引き続きご支援お願いします。
三井住友銀行 上町支店 店番106
口座番号:1340330
    大阪城公園ねこの会



◆メンバー募集中です。
ただ今定期的に入っていただける方募集しています。

また大阪城公園から病院(天六又は九条)まで猫の入った捕獲器を、車で運んで下さる方も募集しています。
日時はネコを捕獲・保護できたタイミングとなりますので、日にちは不定期で、時間は9時から19時の間のどこかとなります。

お問い合わせメールは以下から、お願いします。
(クリックするとメール送信できます)
press_ml.gifosaka_shironeko56@yahoo.co.jp
スポンサーサイト


コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する