街の真ん中の大きなお城。その大阪城で頑張る猫さんたちと、それを暖かく見守る公園猫適正管理推進サポーターの日々徒然ブログです。(大阪城公園猫サポーターの公認ブログ)
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
活動費用は行政もち?
2014-02-16 (日) | 編集 |
メンバーYです。
ブログで良く取り上げているTNRですが、不妊手術は当たり前の話ですが病院で行われます。

T=Trap(捕獲)
N=Neuter(不妊手術のこと)
R=Return、Release(元の場所に戻す)

ということは、これまた当たり前の話ですが手術費用が必要です。
病院も慈善事業ではありませんから。

大阪市公認ボランティアということで良く誤解されるのが「活動費用は行政もち」ということです。
そんなことはありません。
餌代はもちろんのこと、手術費用、病気やケガの時の医療費用もサポーターの自腹です。
病院への送迎の交通費も自腹です。
自分で選んだ活動ですし、外の厳しい環境で暮らす猫を減らしたいと言う信念もありますから、そこのとこは文句を言うつもりはありません。

幸いに城ねこ会は皆様からのご寄付のお陰でなんとか多くの猫達の医療費は助かっています。
でも、寄附が集まる公園ばかりではないのでそういう公園のサポーター達は完全自腹で大変です。

大阪城公園以外にもサポーターが活動している公園はたくさんあります。
現在で大阪市内の50弱の公園で活動しています。
残念ながら捨て猫などの問題があるので公園名は公表できません。
サポーターは青い腕章をつけています。
  wanshou.jpg
   (出典:大阪市HP)

もし、お近くの公園でサポーターを見かけたらせびお声をかけて見て下さい。
公園猫の楽しいお話が聞けるかもしれません。
   自腹


ブログランキングに参加しています。ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ
(↑↑↑をクリックして頂くとランキング集計サイトが表示され、この大阪城公園ねこの会ブログのランキングが+1されます)



◆物資支援のご協力をお願いします。
大阪城公園では現在、200匹ぐらいの猫さんたちをサポーターがお世話をしています。
寒くなり、公園猫達も寒さ対策に脂肪を蓄えようとたくさんご飯を食べています。
ちょっと蓄え過ぎちゃうと思われる猫さんもたまにいますが…。(^_^;)
カリカリ、缶詰(缶切り不要のプルタブがありがたいです)、パウチなんでも結構です。公園猫のために物資支援をしていただけたら助かります。
よろしくお願いいたします。m(__)m

お問い合わせ先: osaka_shironeko56@yahoo.co.jp
(下にある郵便ポストのアイコンをクリックするとメール送信できます)
送付先等、ご連絡させて戴きます。



◆活動にご理解・ご協力いただき、本当にありがとうございました。
引き続きご支援お願いします。
三井住友銀行 上町支店 店番106
口座番号:1340330
    大阪城公園ねこの会



◆メンバー募集中です。
ただ今定期的に入っていただける方募集しています。

また大阪城公園から病院(天六又は九条)まで猫の入った捕獲器を、車で運んで下さる方も募集しています。
日時はネコを捕獲・保護できたタイミングとなりますので、日にちは不定期で、時間は9時から19時の間のどこかとなります。

お問い合わせメールは以下から、お願いします。
(クリックするとメール送信できます)
press_ml.gifosaka_shironeko56@yahoo.co.jp
スポンサーサイト


コメント:
この記事へのコメント:
丁寧な説明ありがとうございます

野良猫が増えた主な原因は動物遺棄ではなく無責任な屋外飼育や無責任餌やりだと思いますので、ゆくゆくは税金を使わない方法で野良猫を減らしていくのが本来の在り方ではないでしょうか?
2014/04/22(火) 01:42:11 | URL | #-[ 編集]
活動費用
コメントありがとうございます。
大阪市の助成制度も利用することがあります。健康局の街ねこ制度ですね。
この制度は大阪市も負担するけれど、ボランティアも5000円負担して下さいという制度です。
病院への送迎費用も行政のを使用すれば無料ですが、平日のみ・9時~5時の間のみということで仕事を持っている人間にはなかなか利用しにくいです。ですので病院の送迎サービスを使用したりするのでボランティアの事故負担です。往復2800円(場所により)かかります。ですので1匹につき7800円は最低かかります。
大阪市も予算に限りがありますので全ての猫には足らないです。
大阪城公園の猫の避妊手術はサポーターができてからすでに100匹以上しています。
というわけで制度を利用してもサポーターの費用負担は発生します。
他にはフードの購入費用、ケガや病気の治療費用等、全て自己負担で活動しています。
2014/04/21(月) 21:58:17 | URL | メンバーY #-[ 編集]
活動は自腹とのことですが、こちら助成制度(http://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000020313.html)は利用されてないのでしょうか?
2014/04/21(月) 17:53:21 | URL | #-[ 編集]
Re: いつも
四にゃんず母さま
いつもコメントありがとうございます。
昔は日本ではボランティアをしていると「暇な人」というイメージがありましたが、阪神大震災でそのイメージはなくなりました。
猫ボランティアもいつかそのようなイメージでなくなる日もくることを願います。
「公園猫について考えるセミナー」で挨拶された方の言葉です。
「海外で国際協力をしている医学生達や先生達はどういう思いで臨んでいるのかお伺いしました。
その先生は、あなた達がやっていることと全く一緒です。動物愛護の精神も一番最初は目の前のあることを自分で見捨てておけなかったこと、これをどうしたらいいのか考えた。その結果、行動に移したのがあなたがたです」というお話でした。
猫の為に、自分の為にもボランティアは楽しくやりたいです。
2014/02/23(日) 11:39:14 | URL | メンバーY #-[ 編集]
いつも
ボランティアの思いを代弁して下さる様な記事をありがとうございます。
本当に、自腹と言うのはボランティア間では当然の事ですが、ボランティア以外の人は先ず『え?自腹!?』と驚き、そして『何もあなたがそこまでしなくても(もっとお金と時間がある人にすれば良いのに‥)』と言われます。
しかしボランティアの殆どは、お金と時間あるからでは無く、命を目前に見てみぬ振り出来ないから無理してでも活動してるのでしょうね。
日本ではまだまだ少数派である動物ボランティアだけが負担を強いられる事の無い社会になることを切望します。
2014/02/17(月) 19:51:17 | URL | 四にゃんず母 #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する