街の真ん中の大きなお城。その大阪城で頑張る猫さんたちと、それを暖かく見守る公園猫適正管理推進サポーターの日々徒然ブログです。(大阪城公園猫サポーターの公認ブログ)
ねこ算
2014-02-14 (金) | 編集 |
メンバーYです。
外の猫にご飯をあげている人に不妊手術を勧めると「そんなお金がない」とよく言われます。
確かに個人でその負担をするのは大変です。
猫の不妊手術代は1匹につき2万円前後します。
ボランティアさんに協力的な病院でも5千円くらいするでしょう。

でも、不妊手術しないと猫が増えます。
『ねこ算』です。

猫は1年に2~3回出産します。
つまり1匹の猫が1度の出産に4匹生んだとして、半年にならないうちにまた4匹出産をします。
そして子猫達も半年くらいになれば出産できる体に成長します。
最初に生まれた子猫の半分(2匹)がメス猫として、その子達がそれぞれ4匹生んだとすると、
(最初に生まれた子猫 2匹×4匹)+(親猫 1匹×4匹)=12匹に増えます。
親猫達と合計するとわずか半年の間に1匹が17匹に増えるのです。

図にするとこんな感じ。
 ねこ算

これが世にも恐ろしい『ねこ算』です。щ(´□`)щ オーマイガーッ!!

猫は一度に6匹生む時もあります。
1年間に3回出産する場合はもっと急速に増えます。
生まれても外で暮らす子猫達は厳しい環境で育たない場合があります。
ですので単純に生まれた子猫達全員が外猫の平均寿命と言われている5~6年を生きるわけではありません。
それでも増え方は尋常ではありません。

手術代も大変ですが、猫が増えると餌代も大変になってきます。
経済的にだけではなく肉体的にも大変になります。
それなら手術をした方が先を考えたら全てにおいて楽になるのです。


猫が増えるとトラブルの元になります。
糞尿トラブルや餌やりさんのいない地域では猫がゴミを荒らしたりして街が汚れます。
そして数が増えると今まで気にならなかった猫を目ざわりに思う方もいるかもしれません。

そういったトラブルを防ぐために不妊手術は大切です。
大阪市健康局の街ねこのリーフレットでも不妊手術の重要性を言ってます。
『ねこの繁殖力は非常に旺盛で、1年に2~3回出産し、すぐに増えてしまいます。
これ以上増やさないためには、まず避妊去勢手術して、匹数をコントロールすることが大変重要です。』

野良ねこの問題解決を目指して(大阪市)


ブログランキングに参加しています。ポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ
(↑↑↑をクリックして頂くとランキング集計サイトが表示され、この大阪城公園ねこの会ブログのランキングが+1されます)



◆物資支援のご協力をお願いします。
大阪城公園では現在、200匹ぐらいの猫さんたちをサポーターがお世話をしています。
寒くなり、公園猫達も寒さ対策に脂肪を蓄えようとたくさんご飯を食べています。
ちょっと蓄え過ぎちゃうと思われる猫さんもたまにいますが…。(^_^;)
カリカリ、缶詰(缶切り不要のプルタブがありがたいです)、パウチなんでも結構です。公園猫のために物資支援をしていただけたら助かります。
よろしくお願いいたします。m(__)m

お問い合わせ先: osaka_shironeko56@yahoo.co.jp
(下にある郵便ポストのアイコンをクリックするとメール送信できます)
送付先等、ご連絡させて戴きます。



◆活動にご理解・ご協力いただき、本当にありがとうございました。
引き続きご支援お願いします。
三井住友銀行 上町支店 店番106
口座番号:1340330
    大阪城公園ねこの会



◆メンバー募集中です。
ただ今定期的に入っていただける方募集しています。

また大阪城公園から病院(天六又は九条)まで猫の入った捕獲器を、車で運んで下さる方も募集しています。
日時はネコを捕獲・保護できたタイミングとなりますので、日にちは不定期で、時間は9時から19時の間のどこかとなります。

お問い合わせメールは以下から、お願いします。
(クリックするとメール送信できます)
press_ml.gifosaka_shironeko56@yahoo.co.jp
スポンサーサイト


コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する