街の真ん中の大きなお城。その大阪城で頑張る猫さんたちと、それを暖かく見守る公園猫適正管理推進サポーターの日々徒然ブログです。(大阪城公園猫サポーターの公認ブログ)
手術を乗り越えた猫さんが亡くなりました
2014-02-07 (金) | 編集 |
メンバーYです。
悲しいお知らせです。
年末に股に大けがをし、しっぽを切断した猫さんが亡くなりました。

 年末にケガをした猫
 股をケガした猫

月曜日の朝はご飯を食べに出てきたのですが、火曜日、水曜日は姿を現さず、心配していましたら木曜日の朝、早朝担当メンバーSさんが亡くなっているところを見つけました。
しっぽの手術、足のケガを乗り越えたのに残念です。

この猫さんはサポーター制度が始まった3年前の年末に妹猫と共に、私達が給餌をしている場所に現れました。
多分、兄弟で捨てられたのでしょう。
まだ2匹とも小さく、私達は寒い冬を乗り越えられるか心配しながらのお世話でしたが、なんとか毎日、ご飯を食べに来てくれ、他の猫さん達にも受け入れられ、2匹とも成長してくれました。

   遊んで
   2匹の小さい頃の写真です。

妹猫も1年ほど前に同じ場所で死亡していました。

公園に捨てると誰かが世話をしてくれる、誰かが拾ってくれると思われるのでしょうか。
でも、多くの猫はご飯を食べられなかったり、交通事故にあったり、寒さや病気で死んでしまいます。
この猫達も捨てられなかったらこのような短い命ではなかったでしょう。

サポーターがいるから、ボランティアがいるからと言って小さい命を捨てないでほしいです。
家の猫に子猫が生まれても育てられないなら不妊手術をして下さい。
生まれてしまったら飼ってくださる方を探して下さい。
小さな命に責任を持って下さい。大切に思って下さい。

愛護動物の遺棄は犯罪です。100万円以下の罰金に処せられます。


ブログランキングに参加しています。ポチッとお願いします。


人気ブログランキングへ
(↑↑↑をクリックして頂くとランキング集計サイトが表示され、この大阪城公園ねこの会ブログのランキングが+1されます)



◆物資支援のご協力をお願いします。
大阪城公園では現在、200匹ぐらいの猫さんたちをサポーターがお世話をしています。
寒くなり、公園猫達も寒さ対策に脂肪を蓄えようとたくさんご飯を食べています。
ちょっと蓄え過ぎちゃうと思われる猫さんもたまにいますが…。(^_^;)
カリカリ、缶詰(缶切り不要のプルタブがありがたいです)、パウチなんでも結構です。公園猫のために物資支援をしていただけたら助かります。
よろしくお願いいたします。m(__)m

お問い合わせ先: osaka_shironeko56@yahoo.co.jp
(下にある郵便ポストのアイコンをクリックするとメール送信できます)
送付先等、ご連絡させて戴きます。



◆活動にご理解・ご協力いただき、本当にありがとうございました。
引き続きご支援お願いします。
三井住友銀行 上町支店 店番106
口座番号:1340330
    大阪城公園ねこの会



◆メンバー募集中です。
ただ今定期的に入っていただける方募集しています。

また大阪城公園から病院(天六又は九条)まで猫の入った捕獲器を、車で運んで下さる方も募集しています。
日時はネコを捕獲・保護できたタイミングとなりますので、日にちは不定期で、時間は9時から19時の間のどこかとなります。

お問い合わせメールは以下から、お願いします。
(クリックするとメール送信できます)
press_ml.gifosaka_shironeko56@yahoo.co.jp
スポンサーサイト


コメント:
この記事へのコメント:
Re: 辛い現実
四にゃんず母さま
本当に病院帰りの子をリリースするのは自分が捨て猫をしているような気分になりつらいです。
「また外でごめんね」といつも言ってます。
2014/02/12(水) 13:43:55 | URL | メンバーY #-[ 編集]
辛い現実
入院手術まで手を尽くした猫を、厳寒の中リリースせざるを得なかった現状、本当に辛い選択と存じます。このような事になってしまって‥。

捨てた人は『外でも生きられる』OR『ボランティアが保護してくれる』と他力本願で楽観してるのかも知れませんが、ボランティアそれぞれが皆、家と外に既に限界以上の猫を抱え、術後の猫もリリースせざるを得ない厳しい現実を、捨てる人はもちろん一般の人もあまり知らないのでは‥と思います。
2014/02/09(日) 17:47:49 | URL | 四にゃんず母 #-[ 編集]
Re: 残念ですね
ケガをした猫さんへのお悔やみのコメントをありがとうございます。
多くの外で暮らす猫さんは誰にも知られずにひっそりと死んでいます。
そのような中、この猫さんは悲しんでくださる方がいて、それだけでも救われたのかなと思います。

2014/02/08(土) 09:33:06 | URL | メンバーY #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する